マンションを売る流れ!私の体験談から感じたポイントも紹介!

マンションを売るときには流れがあります。マンションを売るときには色々な手段や方法があるからです。ポイントを知らないと不動産業者に言われるがままに売ることになる人もいます。それが最適な手段であればいいのですが、必ずしもそうではありません。

ここでは私が体験したマンションを売る流れと、その時に感じたポイントを解説してきます。

マンションを売るときには相場を知っていることが大事

マンションを売る時には、まず相場を知っておくことが大事です。例えば、相場を知らないと不動産屋が提示する金額が高いのかが分かりません。そうなると、信用できる不動産屋を見つけることが難しくなります。私は相場を知りませんでした。

その状態で不動産屋を探していたので、信用できる不動産屋を探すのに苦労しました。相場が分かれば、妥当な金額を提示する不動産屋を信用できるでしょう。ただ、相場を調べるときには、情報源を複数持つことが重要です。

一つの情報源になると、相場から大きく離れた価格になっていることもあります。平均値を取れるくらい情報を集めておいて、どの程度の相場になっているかを確かめることが必要です。

信用できる不動産屋を探す

マンションを売る流れの中でも重要なポイントが、信用できる不動産屋を見つけることです。見つかれば色々な面でサポートしてもらえます。

信用できる不動産屋を見つけるためには、担当者と話し合うことが大事です。話してみると信用できる担当者が見つかることは多いです。その上で、会社として信用できるのかなどを確かめていきます。過去の実績やトラブルがないかなどを調べていくと、信用ができることを確かめられるでしょう。

また、比べることも大事です。何軒かの不動産屋を回って、信頼できる不動産屋を見つけましょう。同じ地域に何件もある場合もありますし、大手なら地域外でも話を聞いてくれます。大手の不動産業者は価格や情報などが参考になりますので、行っておくと役立つアドバイスをもらえることが多いです。

中小の不動産屋でも地元で長く営業していると、地域の相場に詳しいことも少なくないです。そのような不動産屋をめぐっていくと、信用できる不動産屋を見つけることができます。私は探すのにかなりの時間を費やしました。

しかし、そのお陰でいい不動産屋に出会えました。

マンションを売る戦略を立てる

不動産屋が決まったら売る戦略を立てるのが次の戦略です。不動産屋に買取を依頼するのではない限り、買い手を探す必要があります。不動産屋の買取はすぐにお金が手に入るというメリットはありますが、相場よりも安くなる可能性が高いです。

そのため、高く売るなら不動産屋と組んで、買い手を探しましょう。「参考サイト ... マンション売却の心得 ... マンション売却

その時に大事になるのが戦略です。

どのような人にいつまでに売るのかという目標を立てて、それを実現するためにどうするかを不動産屋と決めていきます。この戦略次第でマンションを売る時期や額が大きく変わります。私は戦略を練ることについて不動産屋に教えてもらいました。

それがなかったら、上手く不動産を売れなかったかもしれません。また、この戦略の中で時期を決めたのもポイントでした。それまでに売るという目標ができて、きちんと行動することができました。

集客は大事なポイント

マンションを売るときに大事なのは、閲覧に来てもらうことです。

閲覧に来てもらえないと、いいマンションでも売ることは難しいです。私達は集客が上手くいくように、最初から力を入れることにしました。

特に売りに出した当初なら、New物件として色々な不動産サイトのトップページにも載る可能性があります。その間に閲覧者を増やすように、広告も出すことにしたのです。この考え方のお陰でサイトでマンションを見る人は順調に増えていき、閲覧者も少しずつ増えていきました。

集客のポイントは短期集中で集めることです。じっくり構えていると、新しい物件という新鮮さがなくなり、人が集まりにくくなるからです。

不動産屋を信用はしてもチェックはする

集客が成功するようになると、不動産屋の担当者は気を緩めました。人さえ集まれば、マンションが売れるまでに時間はかからないと考えていたからでしょう。普通は確かにそうなのですが、私としては売れるまでは気を抜かないでほしかったです。

交渉が決裂すればまた集客をすることになります。そのようなことを考えて、緊密に連絡してチェックすることにしていました。信用はしていましたが、いつも見ておくことは大事なポイントでしょう。

買い手が気に入るような内装へ変えるのも重要

閲覧者からの指摘で内装が汚いというものがありました。私は気を付けているつもりでしたが、閲覧者は新品のような内装を求めていると分かりました。そこで内装を綺麗にすることにしたのです。天井と壁紙を変えて、床、キッチン、トイレをクリーニングしました。

それだけでもマンションの綺麗さが大きく変わりました。このように閲覧者の声を大事することがマンションを売るときに重要です。内装を綺麗にしたことで、閲覧者の反応が大きく変わりました。物件購入を本気で検討する人が出てきたのです。

価格の話までいくようになり、何人かからは価格交渉を持ちかけられるようになりました。内装を替えるのは手間ですが、効果は抜群です。マンションを売ることを考えているのであれば、内装を綺麗にすることは重要なポイントです。

交渉は任せる

私は価格に関する交渉は不動産屋に任せていました。不動産屋が持ってくる売買価格を一緒に検討して、売買の決定をしていたのです。交渉は不動産屋の方がプロですから、お客さんの考えを見抜くことができると思っていたからです。

この考え方は間違っていませんでした。私が交渉に口出しをして台無しにしたことがあったからです。それ以降は交渉は任せることにしました。価格交渉をする場合でも、不動産屋に意見を先に出してもらってから私の考えを言うようにしていました。

このような交渉スタイルで何件かの買い手と交渉をして、一番高い価格を提示したお客さんにマンションを売ることになりました。

最後まで気を抜かない

マンションの売る流れとして最後にあるのが売買契約とお金の振り込みです。契約が決まった時点で私は舞い上がっていましたが、不動産屋は緊張していました。

お金が振り込まれるまでは何が起こるか分からないということでした。私の場合は無事にお金が振り込まれて売買は成立したのです。一番最後に思ったポイントは契約成立まで気を抜かないことでしょう。全てがゼロになる可能性もあるからです。